BLOG

占わない癒さないスタイルとは

こんにちは!
占わない癒さない決めつけない
個性数秘学
深澤 幸子(ふかさわ ゆきこ)です。

今日も、シンプルに
人生を好転させていきましょう!

 

占わない癒さない決めつけない
スタイルとは?

最近では、スピリチュアルや 癒しを学ぶ機会も増えていますね。

知らない世界を知るというのは、 楽しいものです。

 

元々アンチスピリチュアルだった わたしですが、
スピリチュアル、癒しの世界に、ドップリ はまった時期があります。

 

天使と繋がっている、
ドラゴンを飼っている、
過去世が見える…

不思議な人達とも繋がることができ、
見えない世界への興味は、
益々、深まっていきました。

ですが、その反面…
スピリチュアル、癒しの世界に
違和感を覚えるようにも…

なっていったんです。

 

 

人を癒すスピリチュアル能力を、
持っているはずの人が、
現実では自分を癒せずにいたり、

 

愛を謳っている人が、
愛に枯渇していたり、

 

大先生と呼ばれている人が、
人間関係でもめていたり…

 

見えないものが見え、
不思議な力を身につければ、
自分も人も癒せる、助けられると、

どこか過信していた自分に
気づきはじめました。

 

そうして、
少しずつその世界と距離を置き、
自分を見つめ直していた時に、

昨日まで元気だった父との
突然の別れを体験します。

 

「人の命って、
こんなにもあっけないものなの?」

父の突然死をキッカケに、
わたしは、
「現実をしっかり生きよう」
「後悔しない生き方をしよう」と、

強く思うようになりました。

未来を占っても、先のことなんて
誰にもわからない!

特別な誰かを崇めたり、
癒しを外に求めるのではなく、

「ただ、ただ、 自分で自分を大切にしよう!

人には、自分を生きる力が ちゃんとあることを信じよう!

ということに意識を向けるようになりました。


父の死が気づかせてくれた、
現実的なものの見方、心の在り方…

 

そこから、心の癒しのスタイルを、
「占わない癒さない」 というカタチに シフトしていくようになりました。

占わない癒さないセッションとは、

具体的には、
お告げ的に未来を予測したり、
一時的に心を癒すことをメインとせず、

 

クライアントが、
自分の言葉で解決の糸口を 見つけられるよう、

「聴く」ことに重きを置く、
カウンセリングとコーチングを 合わせたスタイルです。

「人は、自分の力で、
道を切り開いていけるもの」

とはいえ、わたしも悩んでいた時、
見える人に過去世を、 見ていただいたことがあります。

 

確かにその時は、「そうか~」「そうだのか~」と、一時的に癒されましたが、

でも、それを知っただけでは、 人生は変わりませんでした。

 

大切なのは、知った後。

「で、どうする?」と、
自分に問いかけること。
行動すること。

だったのですね

 

 

あなたはどんな想い、
どんなスタイルで、
癒しのお仕事をしていますか?

 

方向性に迷ったときは、
まずは、自分を一旦見つめ直し、
人としてどう在りたいか?
自分に問いかけてみるといいですよ。

 

そうすると、自然に、

やりたいこと、これだけはやりたくないこと、が見えてきます。

「人と同じようで、何かつまらないな」

「自分らしさを大切にしていきたいな」

 

もし、そんな風に心のどこかで感じる部分があるとしたら、
その感情は無視せずに、
向き合ってみてくださいね。

 

あなたが心地よいと思える方を選択していくと、
ほかの誰でもない、
あなたスタイルが自然とカタチになっていくと思うのです。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP