BLOG

人生ストーリーの台本を知る方法。。

こんにちは!
占わない癒さない決めつけない
個性数秘学
深澤幸子(ふかさわ ゆきこ)です。

「誕生日に秘められた
人生ストーリーの台本を知る」

「人生ストーリーの台本?」

実は、誕生日の数字には、
自分の個性(性格や才能)の他に
どんな人生ストーリーの主役を
演じるか?

「物語の台本のあらすじ」が
秘められているんです!

 

例えばそれはこんな風に…

ドラマティックな人生を歩んだ
「ダイアナ元妃」の物語

ダイアナ元妃の誕生日は、
1961年7月1日。

誕生数は、
1+9+6+1+7+1=25
2+5=7で、7

誕生数7といえば、
探求心旺盛、独自な世界を追求する
ちょっとミステリアスな印象。

どちらかといえば
自分のことを積極的に話すタイプ
ではないので、
本当のところがつかみにくい…

「謎めいている?」
そこが魅力的だったりします。

そんな誕生数の7の
人生ストーリーのテーマには、

「自己信頼・他者信頼」「自立」
というキーワードがあります。
/p>

そのテーマを学びに変えるために、

先に「他人を信じられない」
「ほらね、だからわたしはひとり」

を、体験します。

人生のシナリオのテーマは、
テーマ「自己信頼・他者信頼」

タイトル
「夫に裏切られる
悲劇のプリンセス物語」

(このストーリーに必要な配役)

結婚生活を裏切る相手役として
チャールズ皇太子

(裏切りの度合いが大きい方が
ドラマティックですから)

その相手役は、
「え?この人に負けた?」
と思わせてくれるカミラ夫人

主演:誕生数7
ダイアナプリンセス

・・・・・・・・・・・・・

世界中がうらやむ
プリンセス物語が、

なぜ?

裏切られ傷つき、
誰も信じられない

悲劇のヒロイン物語に?

波乱万丈と言える
ストーリーに、
ついハラハラしてしまいます。

でもそれも、
無意識に秘められた台本が
そうなっていたから!?

このように、
誰もが人生のシナリオに沿った
悲劇のヒロイン物語を、
無意識に
自ら演じていたとしたら…

自分の物語の登場人物も
悲劇と思える出来事も、
数秘のテーマを体験するために
必要だった、
シナリオ通りだったと言い換えられます。

もし、今までの自分を
そんな風に客観視できたら
どうでしょう?

わたしは数秘に出会い、
このモノゴトのとらえ方に
気づけたおかげで、

悲劇のヒロインを、
自分で終了することができました。

 

「十分に味わい尽くした」、
「その役を演り切った」、
と感じることができたなら、

今度はその反対側を
意図的に体験しようと、
思えたからです。

自分のストーリーのテーマを
俯瞰して観ることで、
人は、自分で自分を癒し、
新しいストーリーを創造できる。

 

(ダイアナ元妃の物語の続きも
気になりますね)

自分で人生をリ・スタートさせる
次のステップは、
「物語を好転させる」

それは、
これまでのシナリオを、
望むように書き変える、
という段階です。

そのヒントも、
実は、誕生日の数字(数秘)に
秘められているんですよ。

こちらについても詳しく
お届けしますね。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP