BLOG

悲劇のヒロイン物語はいつまでも続かない?

こんにちは!
占わない癒さない決めつけない
個性数秘学
深澤幸子(ふかさわ ゆきこ)です。

今日も、
シンプルに人生を好転させていきましょう。

誕生日の数字には、
人生ストーリーの台本が
秘められている!

前回は、誕生数のテーマを
ダイアナ妃の例で視てみました。

「なるほど!」
「確かに!」
「だからか~」

そんな風に思えたかもしれません。

でも、
大切なのはここからです。

自分の個性(傾向)を知り、
体験するストーリーを知っただけでは
人生を望む通りに変えることはできません。

自分の手で
新しいストーリーを創り、
現実として味わうことがリ・スタート!

そのためには
これから味わいたい世界を
しっかりイメージしていきます。

無意識で体験してきた
人生ストーリーを、
今度は意図的に
カスタマイズしていく感覚です。

人生ストーリーを自分で
カスタマイズしていくことを、
「好転させる」ってとらえます。

「災い転じて福となす」って
ことわざがありますよね。

人は先に災い、マイナスなどを
体験することで、
反対側のプラスの出来事を、
しっかり感じることができる。

そんなとらえ方ひとつで、
マイナスと思っていたことが
プラスであったと深く気づけます。

 

ダイアナ元妃の
悲劇のヒロイン物語にも
続きがあります。

 

そもそもなぜ誕生日に秘められた
ストーリーのタイトルが、
「自己信頼・他者信頼」
悲劇のヒロインだったのでしょう?

それは、
人に裏切られる物語を
先に体験することで、

他人を信頼する
自分を信頼する

数秘7を味わうシナリオだったから…

このように誕生日の数秘には、
シナリオが用意されています。

ダイアナ元妃は、
チャールズ皇太子との離婚が
正式に決まる頃から、
積極的に慈善活動をしていきます。

それまでの
古い伝統で閉ざされていた
英国皇室の扉を開く役割に徹します。

これこそが誕生数7の持つ
もう一つのテーマ、
「真の自立」物語です。

悲劇のプリンセス物語を
先に体験することで、

本来の自分が輝くストーリーの、
次の章が、
始まったのかもしれません。

このように「人生シナリオ」は、
次のページをめくれば、
また新たな配役、
出来事が用意されています。

こんな風にしてわたし達は、
誕生日の数字の中に
生まれ持った個性や
人生ストーリーの台本を、
忍ばせて、

無意識の中でその台本通り、
人生の主役を演じているのですね。

そのカラクリがわかり、

「十分やりきった」
「演じきった」
「この役飽きた」と思えたなら、

そろそろ反対側を味わう…

次のストーリーを
始める時なのかもしれません。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP