BLOG

望む未来をあたり前にする魔法の言葉

こんにちは!
占わない癒さない決めつけない
個性数秘学
深澤 幸子(ふかさわゆきこ)です。

今日もシンプルに
人生を好転させていきましょう!

 

 

望む未来をあたり前にする
魔法の言葉

この歳になって、発する言葉、
耳にする言葉って大事だな~って実感しています。

日本には、古くから「言霊」っていう考え方が 根付いています。

 

いい言葉を使うと、
いいことが返ってくる。

悪い言葉を使うと、
バチが当たる。

なんて、子供の頃、よく親や、
身近な大人に教えられたものです。

 

わたしは、大人になると、
「思考が現実をつくる」という マーフィの本を読んで、 ますます、 言葉が気になるようになりました。

思考や言葉が どう現実に影響しているか、
現実をつくっているか…
とても興味を持っていました。

 

で、その仕組みを 理解できるようになったのは、
キネシオロジーや、 五行オンサセラピーを学んだ時です。

 

五行オンサセラピーとは、感情が記憶された5つの臓器の声を カラダの反応で聴き、

共鳴する周波数の音(オンサ)で、 その不協和音を整えるというセラピー。

 

それらを学ぶまで、 過去の感情が、肉体や臓器にまで記憶されるなんて、

 そんなこと知りませんでしたから、 体験したときは、本当に驚きでした!

 

でも、それって、
 言葉の周波数(音)を正しく使えば、

人は、 傷ついた感情や、
肉体の不調和も 整えることができるということだったんですね!

 

人間の身体、感情、思考、
つまりは脳って、 ほんとうに神秘。

 

 

それらを学んだからこそ、

個性数秘学では、 この脳のしくみと言葉の力を使って、人生のシナリオを 自分で好転させていくことを 大切にしています。

 

引き寄せの法則でも、

先にイメージで感情を味わい、

すでにそうなっていると、 現在進行形、 または、過去形の言葉を唱えます( アファメーション)

 

よく、脳には、過去現在未来などの 時間の概念がないと言われますが、

その曖昧さを上手に利用して、
望む未来を先に設定してくれるのが、***魔法の言葉***なんですね。

 

あなたは日、
どんな言葉を使っていますか?

現実をつくっている 要素のひとつに、
普段使っている「言葉」があります。

 

発する言葉は、
思考(思い込み)の癖を 無意識に表してもいます。

つ・ま・り、

でも~ だって~
自信がない~ 無理~

そんな言葉を使い続けると、
「ほらね、やっぱり無理でしょ」
と、いう現実を味わうことに…

 

個性数秘学では、
望む未来をつくる新しい道を脳に設定する為に、
アファメーションを使います。

そして、さらに、

そのイメージを設定する為に、
魔法の言葉を使います。

 

魔法の言葉って、
何だと思いますか?

こちらをお読みくださっているあなたに、
特別にお伝えしますね。
(これは実際にやってみて、効果があって以来、取り入れている魔法の言葉です)

 

それは…

 

それは…

 

 

 

 

 

*   *   *  *
りがとうございます
感謝して受け取ります。
*  *   *  *

です。

 

「なあんだ、そんなこと~」って、
思いましたか?

 

でもね、魔法の言葉と信じて、
ぜひ、やってみてください。

 

(手順はこうです)

①まず、望む未来をイメージします。

②望む未来をしっかりイメージして、 しっかり呼吸を整えます。

頭頂部から光をたくさん吸い込み、
カラダの中、頭の中を その光でいっぱいにします。

③なりたい自分を肯定的な言葉で宣言し、その状況をイメージします。

④望む未来が、イメージできて、
そうなるのがあたり前! に、思えて来たら・・・

②口角を上げながら~ 魔法の言葉を唱えます。

ありがとうございます!
感謝して受け取ります!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

シンプルですが、
人生が好転する魔法の言葉です。

 

ぜひ、やってみてくださいね。

関連記事

PAGE TOP