人生ストーリーの台本を知る方法 | 個性数秘学

BLOG

人生ストーリーの台本を知る方法

こんにちは!
占わない癒さない決めつけない
個性数秘学
深澤幸子(ふかさわ ゆきこ)です。

 

今日は、人生のシナリオについてお届けします。

人生のシナリオ

「人生ストーリーの台本?」

実は、誕生日の数字には、自分の個性(性格や才能)の他にどんな人生ストーリーの主役を 演じるか?

「物語の台本のあらすじ」が秘められているんです!

 

例えばそれはこんな風に…

ドラマティックな人生を歩んだ「ダイアナ元妃」の物語を例に見てみましょう

誕生数の計算方法は、西暦の誕生日を一桁ずつ足し算していきます。

ダイアナの誕生日は、1961年7月1日
1+9+6+1+7+1=25
2+5=7で、7になります。

*誕生数とは、その人の表立った個性(性格 才能 魅力)を表す数字です。

誕生数7をお持ちの人といえば、探求心旺盛、独自な世界を追求する、ちょっとミステリアスな印象。

どちらかといえば、自分のことを積極的に話すタイプ ではないので、本当のところがつかみにくい…

「謎めいている?」

そこが魅力的だったりします。

 

そんな誕生数の7の 人生ストーリーのテーマには、「自己信頼・他者信頼」「自立」というキーワードがあります。

 

そして、そのテーマを学びに変えるために、先に、「他人を信じられない」「ほらね、だからわたしはひとり」 を、体験する…

そのようなシナリオが用意されている、と、捉えることができます。

誕生数「7」の人にあてはまる、共通する人生のシナリオのテーマは、 「自己信頼・他者信頼」

タイトルを付けると…
「夫に裏切られる悲劇のプリンセス物語」(みたいな感じでしょうか)

そして、このストーリーの主役を演じるためには、悪役が必要です。

 

ダイアナ元妃の場合は、結婚生活を裏切る相手役としてチャールズ皇太子がその役割です。
(裏切りの度合いが大きい方がドラマティックですから)

さらに悲劇のヒロインを味わうために、「え?この人に負けた?」と思わせてくれるカミラ夫人の役どころも大切と言えますね。

 

・・・・・・・・・・・・・

主演:誕生数7
ダイアナプリンセス

・・・・・・・・・・・・・

世界中がうらやむ プリンセス物語が、なぜ?裏切られ傷つき、 誰も信じられない悲劇のヒロイン物語に?

波乱万丈と言える ストーリーに、見る方もついハラハラしてしまいます。

 

そもそも無意識に秘められたシナリオ通り?

このように、誰もが人生のシナリオに沿った 悲劇のヒロイン物語を 自ら演じていたとしたら…

 

物語の登場人物も、悲劇と思える出来事も、数秘のテーマを体験するためにすべて必要だった、シナリオ通りだったと言い換えられます。

 

もし、今までの自分をそんな風に客観視できたら どうでしょう?

わたしは数秘に出会い、このモノゴトのとらえ方に 気づけたおかげで、悲劇のヒロイン物語を自分で終了することができました。

 

「十分に味わい尽くした」、「その役を演り切った」と感じることができたなら、今度はその反対側を 意図的に体験しようと強く思えたからです。

 

(ダイアナ元妃の物語の続きも 気になりますね)

 

関連記事

PAGE TOP